カテゴリー:潜水業務

  • divers-1022_1280

    【潜水士試験】合格のための『潜水業務』まとめ一覧

    『潜水業務』まとめ一覧 ①水中での物理的作用|光・音・熱 ②圧力について ③液体と気体の原理・法則 ④気体の性質と障害 ⑤潜水の種類 ⑥吹き上げ ⑦その他の事故|水中拘束・溺れ・…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2.21

    【潜水業務】気体の性質と障害

    ■気体の性質と障害 気体については、 酸素・窒素・二酸化炭素・一酸化炭素・ヘリウムが 試験によく出るため、しっかりと押さえましょう。 ・酸素 [性質] ・空気中に21%含まれる。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ふ

    【潜水業務】吹き上げ

    潜水事故の要因と対処法 吹き上げ 自分の意思とは無関係に、勝手に自身の体が浮き上がってしまうこと。 ドライスーツを着用して潜降した際、 スーツ内部の圧力>潜水深度の水圧 の場合に発生し、 急激な上昇で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5.26

    【潜水業務】その他の事故|水中拘束・溺れ・海中生物・水中作業・特殊環境下

    潜水事故の要因と対処法 水中拘束による事故 <予防法①> ・障害物を通過するときは下をくぐらず、 上を通過し、行きも帰りも同じ経路で通過する。 ・・・下をくぐってしまうと、潜水器の一部がロープに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4.51

    【潜水業務】潜水墜落

    潜水事故の要因と対処法 潜水墜落 自分の意思とは無関係に、勝手に自分の体が 水中深くへ落ちていく状態のことです。 ドライスーツを着用して潜降した際、 スーツ内部の圧力<潜水深度の水圧 の場…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8.29

    【潜水業務】液体と気体の原理・法則

    水圧と気圧について 水深-10m潜降ごとに、0.1MPaずつ増加 = 1気圧 水深-100mごとに、10気圧ずつ増加 = 1MPa  →水圧について、 水深-10mごとに1気圧ずつ増えていきます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6.13

    【潜水業務】潜水の種類

    硬式潜水と軟式潜水 硬式潜水とは? 水中でも大気圧下に保持され潜水する方法。 [潜水艦] 軟式潜水とは? 水圧を体に直接受けて潜水する方法。 [一般的な潜水・スクーバ潜水など] …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 58

    【潜水業務】圧力について

    圧力について ※圧力とは? 単位面積あたりに働く力のこと 大気圧 → 空気の重さによる圧力 皆さんの頭の上には、空気の層がのっています。 空気にも重さがありますので、 上から下向きに圧力がかかって…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

    【潜水業務】水中での物理的作用|光・音・熱

      光について 人間は、特定の波長を色として感じることができます。 光の強弱・混ざり具合によって、さまざまな色ができます。 青色の光は、最も吸収されにくく、反射されやすい。 赤色の光は、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 試験

    潜水試験合格への道のり

    いつも応援ありがとうございます。   どうも、 潜水士試験合格アドバイザー 松山だいすけです。 現役の港湾潜水技士であり、実業家です。   こち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

【セミナー講演】

セミナー講演1

話題をチェック!

  1. goukaku
    おめでとうございます!「合格者の声」 当社の潜水士試験教材を購入し、 実際に合格した方の喜びの声…
  2. N112_sumahodeyorokobu500
    ありがとうございます(^^) 「印刷冊子の教材が白黒です。」 という質問…
  3. goukaku
    試験に合格するには? 合格へ結びつくための、ポイントは3つあります。 (※試験勉強だけではな…

【前編】

試験

【後編】

試験

【アンケート】

試験

【メルマガ】

メルマガ
ページ上部へ戻る